手を繋いだとき、親指の付け根あたりの水かきの柔らかい部分をやわやわとほぐしてくるのはいつもの彼の手口であるが、ここのところ、私の中で変化がひとつ。

それにすら興奮するようになった


以上