三十日間 殆どを彼の側で過ごした。

三十日間 ずうっと彼がすきだった。


願わくば、この先もそうでありますように。




願いのために 努力する而已

或る日。取り留めのない会話を何時間もして過ごした。

また或る日。彼は泣き噦る私を抱きしめ、言葉もなくキスをいくつも落とした。

昨々晩。身体中に彼の体温を感じ、言い様のない幸福に酔いしれながら眠りについた。

これ迄。彼が私に与えたのは、幸せと安心と、ちょっとのわがまま心。

彼に触れられたところが焼け焦げそうな程に熱い。指先から優しく触れられた首も、快感に身を捩って逃れようとした躰も、 彼に抱き竦められるたびに跳ねて止まらなかった胸も、凡そ半日前の出来事を憶えている。

私の心も身体も
彼が欲しくて堪らないのだ、

彼の目がすき。無感情で光を持たないと称される、何を想っているのか分からない瞳が私を射抜くとき、その瞳の奥の奥にある彼の愛情が視線から注がれる気がするのだ。


彼の唇がすき。私を様々な言葉で彩ってくれるとき、いつも柔らかな彼の唇が震うのを見るだけでは耐えられない。どうせならいっそ、一生彼の唇が震わないように 私の唇で塞いであげようかな、と思うくらいだ。


彼の手がすき。少しずつ私の手を握ることを憶えた手が手繰り寄せるように手を握り、時々きゅっと締めるのが愛おしくてしょうがない。近頃は触れたところから熱を帯びて、どうしようもなく彼への想いが、熱に浮かされ、止められなくなりそうになる。


他にも彼のすきなところを挙げるとキリがないので、取り敢えずは、ここまで。


彼と過ごした11時間は普段よりやはり特別で、隣で過ごす彼はキラキラ瞬いていた。ずっと私の隣で輝き続けてほしいと月に願って、おやすみなさい。


彼の指先が私に触れる、刹那の感覚にすら悦を憶えるようになってしまった。思っていたよりもっと、重症だ。私はいつの間にやら、彼に骨抜きにされてしまったらしい。

今日も、彼の寝息を声を潜ませて聴いている。
彼から奏でられる音色は、どんな音楽よりも 私を穏やかで温い気持ちにさせる、
今日も、彼が好きだった。

命令口調というのは、それだけで激しく私を興奮させるものであるのは言うまでもない。然し、敢えて具体的な命令内容をはっきりとさせずに、わかるだろ?だとか、これ、どうするの?、だとか解を求めない質問口調も良い。でもやっぱり何よりも好きなのは口よりも行為。具体的には、頭を押さえられて無理やり咥えさせられたり、声を抑えられなくなりそうな時に、口を塞がれ、声を飲み込ませられたり。それは、背骨まで鳥肌が立つんじゃないかってくらいに私の肉欲を掻き立ててくれる。勿論キスも好きだし、身体を舐められるのはもっと好き。神様は、ほんとうは、食べ物を食べる為なんかに口を作ったんじゃなくって、こうするために口を作ったんだなあ、ってする度に思う。

一日中、情欲のみに溺れた生活を一度だけでいいから送ってみたいなあと思っていたのですが、思ったより早くその願いは叶いそうですね。身体が持つ気がしません。勉強、しなくちゃ。